にきび予防・対策

にきびと生理の関係・・・

生理の時にはお肌が荒れたりにきびができるというので悩んでる女性も多いですね。生理は毎月あります。やっとお肌の調子がよくなったと思ったらまた毎月それの繰り返し、という人もいるでしょうね。

生理中の不快な症状ってとても嫌になりますよね。頭痛やイライラ、肌荒れなどさまざまなことがおこりますこれは女性ホルモンの周期と毛穴に関係があるそうですよ。。
え?毛穴??って思ってしまいますが・・・・

生理が始まる前は、お肌がオイリーになりません?これは皮脂の分泌を過剰にするプロゲステロン(黄体ホルモン)が優位になるためで、毛穴がつまりやすく角栓ができやすくなります。

生理が始まると、皮脂の分泌量はピークに達し、毛穴がひらいたり、にきびが急に悪化したりするのです。

そして生理が2日目以降になると、徐々にエストロゲン(卵胞ホルモン)が徐々に優位になり、皮脂も落ち着き毛穴も締まってきます。
エストロゲンは肌のターンオーバーのリズムを整え、美しく保つ効果の高いホルモンです。

生理から約2週間はエストロゲンの力でお肌の調子がいい時期になるんですよ。それから排卵がありそれがおわるとまたプロゲステロン
が多くなって脂っぽくなったりてかったりにきびがでたり
してしまうということです。

こうやって女性ホルモンの周期でお肌や、毛穴の変化はつねに起こっているんですね。
こういったサイクルをわかっていれば生理前にはこまめにお肌のケアをしようとかにきび対策などもできちゃいますね。

毛穴やキメが気になるニキビ・肌あれに・・・

ニキビ 治療
タグ:にきび 生理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。