にきび予防・対策

にきび対策紫外線にご注意

紫外線に注意しましょう【にきび予防・対策】
にきびには紫外線に注意してください。
春から秋にかけては紫外線の多い時期になります。
紫外線は肌の老化に大きく影響しています。

にきびにはよくないといわれている紫外線によって皮脂が酸化し、皮膚を傷つけたり、ビタミン類を破壊したり、皮膚呼吸を阻害したりして悪い影響を与えます。そして毛穴を詰まらせやすく、アクネ菌が繁殖しやすくなります。
さらに皮膚の機能低下によって角質の代謝がスムーズでなくなり、結果としてより毛穴を詰まらせてしまうことが考えられるのです。そして紫外線を浴びると皮膚がごわごわ厚くなってしまい、にきびが出来やすくなります。

4月くらいでも紫外線は多くなってきます。一日のうちでは10時〜14時の時間帯が一番紫外線の量が多いです。
紫外線は、日陰にいれば関係ない、曇りの日は気にしなくて良いというのは間違いです。日陰でも50%、薄曇であれば80%の紫外線は地上まで到達してきます。

にきびがでないように紫外線対策を行いましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。