にきび予防・対策

ホルモンバランスとにきび予防

にきびとホルモンバランスは関係があるんですよ。

ホルモンのバランスが崩れたり、男性ホルモンの分泌が多い人にもにきびができやすくなるようです。

男性ホルモンがふえている状態で、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌がへっているとき生理前や生理中にニキビがひどくなるという人は、ホルモンバランスの変化により男性ホルモンが優位になっている場合が多いようです。
男性ホルモンは、皮膚の角質層を厚くしたり、皮脂を多く分泌し、大人のニキビの直接的な原因をつくることがあります。
男性ホルモンが優位になっているから女性ホルモンの分泌を!などというようなホルモンバランスの調整というのは、なかなかすぐにできるものではありません。
ホルモンバランスというのはもともとの体質である場合もありますし、長年の体質改善が必要な場合もあります。 女性にも男性ホルモンがありますが、この男性ホルモンは皮脂腺を刺激して皮脂をたくさん分泌させる作用があります。
ホルモンバランスを整える一つの方法として、ストレスは男性ホルモンの生成を助長しますから、ストレスを溜めないように、気分転換をする、薬を使うのに抵抗があれば、ホルモンバランスを調整する作用のある漢方薬やサプリメントを使うのもよいと思います。

そして栄養バランスなどにも気をつけて、にきびや肌荒れなどの原因になるものをすこしずつ取り除いていってあげましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44529166
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。