にきびの種類

赤にきび原因と対処方法

赤にきびは、白にきびや黒にきびがさらに進んだ状態の
にきびのことをいいます。毛穴の開いた黒にきびなどに、
アクネ菌などのバイ菌が侵入して増殖しさらに悪化します。
炎症を起こして毛穴が赤くふくらみ、触ると痛い時もあります。
赤ニキビは皮膚に赤い発疹がポツポツとできるので赤ニキビ
といいます。

赤ニキビは皮脂の過剰分泌により毛穴が詰まり、皮膚に
常在する菌であるアクネ菌が増殖しアクネ桿菌が皮脂を分解する
過程で作られる遊離脂肪酸が炎症を引き起こす事でできると
言われています。バイ菌が皮脂をエサにして増殖するので、
赤く大きく腫れひどくなります。

つまり赤にきびの原因となるアクネ菌が、毛穴がふさがることで
活性化を促し、増殖します。これによりアクネ桿菌が炎症を
起こす物質を作り出して毛包に炎症が起こり、
赤く腫れ上がってしまいます。この状態を赤にきびと言います。
これが進むと広がった毛穴の壁が破れて炎症が大きくなって
重症になってしまいます。

赤にきびは野外で紫外線にあたり、皮脂が酸化することで
外的刺激により炎症が引き起こされ赤ニキビができることも
あります。
赤にきびは毛穴の中に溜まった皮脂とアクネ菌が毛穴の壁を
壊すほど膨らむと、多くの場合ニキビ跡になってしまいますので
赤にきびの早めのケアが肝心です 。

ニキビ跡にならないためにも、小さな赤い丘疹状態の時期に
対処するのが第一です。赤にきびの進行とともに、
肌の抵抗力が低下し悪化するので、赤にきびには早めの対処が
重要です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。