にきび予防・対策

にきびと生理の関係・・・

生理の時にはお肌が荒れたりにきびができるというので悩んでる女性も多いですね。生理は毎月あります。やっとお肌の調子がよくなったと思ったらまた毎月それの繰り返し、という人もいるでしょうね。

生理中の不快な症状ってとても嫌になりますよね。頭痛やイライラ、肌荒れなどさまざまなことがおこりますこれは女性ホルモンの周期と毛穴に関係があるそうですよ。。
え?毛穴??って思ってしまいますが・・・・

生理が始まる前は、お肌がオイリーになりません?これは皮脂の分泌を過剰にするプロゲステロン(黄体ホルモン)が優位になるためで、毛穴がつまりやすく角栓ができやすくなります。

生理が始まると、皮脂の分泌量はピークに達し、毛穴がひらいたり、にきびが急に悪化したりするのです。

そして生理が2日目以降になると、徐々にエストロゲン(卵胞ホルモン)が徐々に優位になり、皮脂も落ち着き毛穴も締まってきます。
エストロゲンは肌のターンオーバーのリズムを整え、美しく保つ効果の高いホルモンです。

生理から約2週間はエストロゲンの力でお肌の調子がいい時期になるんですよ。それから排卵がありそれがおわるとまたプロゲステロン
が多くなって脂っぽくなったりてかったりにきびがでたり
してしまうということです。

こうやって女性ホルモンの周期でお肌や、毛穴の変化はつねに起こっているんですね。
こういったサイクルをわかっていれば生理前にはこまめにお肌のケアをしようとかにきび対策などもできちゃいますね。

毛穴やキメが気になるニキビ・肌あれに・・・

ニキビ 治療
タグ:にきび 生理

にきび予防・対策

ホルモンバランスとにきび予防

にきびとホルモンバランスは関係があるんですよ。

ホルモンのバランスが崩れたり、男性ホルモンの分泌が多い人にもにきびができやすくなるようです。

男性ホルモンがふえている状態で、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌がへっているとき生理前や生理中にニキビがひどくなるという人は、ホルモンバランスの変化により男性ホルモンが優位になっている場合が多いようです。
男性ホルモンは、皮膚の角質層を厚くしたり、皮脂を多く分泌し、大人のニキビの直接的な原因をつくることがあります。
男性ホルモンが優位になっているから女性ホルモンの分泌を!などというようなホルモンバランスの調整というのは、なかなかすぐにできるものではありません。
ホルモンバランスというのはもともとの体質である場合もありますし、長年の体質改善が必要な場合もあります。 女性にも男性ホルモンがありますが、この男性ホルモンは皮脂腺を刺激して皮脂をたくさん分泌させる作用があります。
ホルモンバランスを整える一つの方法として、ストレスは男性ホルモンの生成を助長しますから、ストレスを溜めないように、気分転換をする、薬を使うのに抵抗があれば、ホルモンバランスを調整する作用のある漢方薬やサプリメントを使うのもよいと思います。

そして栄養バランスなどにも気をつけて、にきびや肌荒れなどの原因になるものをすこしずつ取り除いていってあげましょう。

にきび予防・対策

にきびによくない食べ物

にきびを予防するのに食べ物も大切です。
ニキビ予防・対策のためによくない食べ物は甘い食べ物です。
糖質は、ニキビを悪化させる原因になり、ニキビ予防の妨げになります。

甘いものといえばチョコレート
よくチョコレートやピーナッツを食べるとにきびができると
言われますよね。チョコやピーナッツには脂質が多く含まれています。ですのでにきびの原因といわれるんですね。脂質が多量にある食べ物はそもそもにきびができる原因の過剰な皮脂分泌につながります。

このチョコレート・ピーナッツ、これらを多量に食べてしまうと
お肌に回す分のビタミンが 不足してしまうため、にきびが発生する原因となります。

食べたいけどにきびの予防のためにすこしは控えめにしましょうね




にきび予防・対策

にきびの予防・メイク

にきびの予防メイクにも気をつけて
にきびを悪化させる原因となる化粧品もあります。化粧品の中には刺激の強いものや、油性成分が多く毛包を詰まらせにきびを悪化させる原因となるものがあります。
 化粧品を選ぶ際にはノンコメドジェニックテスト済みのものを選ぶとよいでしょう。

にきびが気になる場合のメイクですが、クリームや乳液を使後、口紅やマスカラ、アイシャドーなどのワンポイントによる化粧を行います。
ファンデーションの厚塗りは避けるようにしましょう。
またにきび・にきび痕など赤い発疹を目立たなくするには補色の青・緑系の色を使うと効果的です。

にきびが気になるからといって、化粧品で隠そうとすると逆効果になる場合がありますのでご注意してくださいね。

にきび予防・対策

にきび予防・ホルモンバランス

にきび予防・ホルモンバランスを整える

にきびに気をつけて洗顔や生活習慣の改善だけではなかなか治らないにきび。これはホルモンのバランスが崩れる、または男性ホルモンの分泌が多い人にできるにきびです。
ホルモンバランスの変化により男性ホルモンが優位になっている場合、生理前や生理中ににきびがひどくなるという人が多いです。
ホルモンバランスを整えることはもともとの体質である場合もありますし、簡単にはできません。
そうなると長年の体質改善が必要な場合もあります。
女性にも男性ホルモンがありますが、この男性ホルモンは皮脂腺を刺激して皮脂をたくさん分泌させる作用があります。
ストレスは男性ホルモンの生成を助長しますから、ストレスを溜めないように、気分転換をする、薬を使うのに抵抗があれば、ホルモンバランスを調整する作用のある漢方薬やサプリメントを使うのも一つの方法です。

にきび予防・対策

にきび予防睡眠不足を解消

にきび予防睡眠不足を解消する

にきびにとって睡眠不足は大敵です。
思春期のニキビは皮脂が主な原因ですが、大人のにきびは乾燥肌でもおこります。
睡眠が足りなくなり、生活のリズムが崩れると、自律神経やホルモンのバランスが悪くなり、毛穴に皮脂や角質がたまりやすくなります。睡眠不足によって自律神経が乱れ、皮脂の分泌が増加します。
そして免疫力も落ちてくるため、ニキビ菌が繁殖しやすい状態となります。生活のリズムが崩れるとホルモンバランスなども崩れてしまいますのでにきびが出来やすくなる原因になります。

睡眠不足になると、昼間の疲れが睡眠では取れなくなります。
肌にいたっては、冷房、暖房、紫外線やほこりなどで痛めつけられたお肌が、睡眠不足によって回復できにくくなってしまいます。
そのために肌ががさがさになったり、シワシワになったり、
シミやニキビがよりできやすい状態となってしまいます。

新しい皮膚が作られる時間は夜11時〜2時ごろ。この時間に眠るのが理想的ですが、無理ならば睡眠時間を確保するだけでも効果的です。

よく眠ってにきびを作らないお肌にしましょうね。

にきび予防・対策

にきび対策紫外線にご注意

紫外線に注意しましょう【にきび予防・対策】
にきびには紫外線に注意してください。
春から秋にかけては紫外線の多い時期になります。
紫外線は肌の老化に大きく影響しています。

にきびにはよくないといわれている紫外線によって皮脂が酸化し、皮膚を傷つけたり、ビタミン類を破壊したり、皮膚呼吸を阻害したりして悪い影響を与えます。そして毛穴を詰まらせやすく、アクネ菌が繁殖しやすくなります。
さらに皮膚の機能低下によって角質の代謝がスムーズでなくなり、結果としてより毛穴を詰まらせてしまうことが考えられるのです。そして紫外線を浴びると皮膚がごわごわ厚くなってしまい、にきびが出来やすくなります。

4月くらいでも紫外線は多くなってきます。一日のうちでは10時〜14時の時間帯が一番紫外線の量が多いです。
紫外線は、日陰にいれば関係ない、曇りの日は気にしなくて良いというのは間違いです。日陰でも50%、薄曇であれば80%の紫外線は地上まで到達してきます。

にきびがでないように紫外線対策を行いましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。