にきびの原因

便秘はにきびの原因です

便秘はにきびの原因にもなります。
便秘になるとにきびができやすくなる人いますよね。
便秘が続くとお腹が張りストレスが溜まりイライラ、お肌の荒れてにきびが出きてしまうなんてよくききます。

男性よりも女性のほうが便秘になりやすいといわれますが何故でしょう?女性は、排卵後から生理前までは、その時期多く分泌される黄体ホルモンの影響で腸のぜん動運動が弱くなります。
ですからその期間はどうしても便秘になりやすくなってしまいます。
そういえば生理になると便秘が一気に解消されてりします。

なぜ便秘がにきびの原因なのか?便秘でお腹の中に何日も便をため込むと、便が長い時間、腸に溜まっている状態が続くので腸の中で便の腐敗が進み、腸の中の悪玉菌が大量に増えて有害物質が発生します。腸内環境が乱れ悪玉菌が増えます。この悪玉菌がたんぱく質を分解して毒素を作り出し、その毒素が腸から吸収されて血液に取り込まれます。

これらの毒素が血液に取り込まれると、肌荒れやニキビの原因になります。また便秘になると、体内の活性酸素を増やしニキビの原因となります。

では便秘とはどういう症状なのでしょう。便秘の目安としては、3日以上便が出ない、もしくは出ても少量であったりコロコロしていて残便感があるといった状態を便秘と考えます。1日でも出ないと辛いという人もいます。毎日出なくても、調子がよければ大丈夫です。
ただ、6日以上出ない場合は、何らかの異常が考えられます。

便秘で肌荒れやにきびが出来たり、腰痛・肩こりがあらわれたりとストレスが溜まりイライラする事は、 自律神経の働きの乱れを便秘が、引き起こすのではないかといわれています。 にきびや肌荒れは、自律神経の乱れが、皮膚の血行不良を起こす一因ともいわれています。 すっきりとした排便で、にきびを治していきましょう。

にきびの原因

運動不足がにきびの原因

運動不足もにきびの原因の一つなんですよ。
運動をしていないとにきびができやすくなるんです。
なぜ運動不足がにきびの原因になるのかというと、
運動不足になると、血液循環が悪くなります。
そして運動をしないと新陳代謝が低下し、肌のターンオーバーを遅らせてしまいます。その結果、角質がどんどん溜まっていき、ニキビができる原因にもなってしまいます。また、ホルモンバランスを乱して皮脂過剰の原因にもなってしまいます。これでにきびができてしまいます。

また、にきびの原因の運動不足は、皮膚の新陳代謝も鈍り、肌の老化も一気に加速します。運動不足になると新陳代謝が鈍りますね。
そうすれば体に毒素がたまっていくような気になりませんか?
新陳代謝が悪くなると肌の抵抗力も落ちて
にきびができてしまうことになります。

なかなか忙しい現代で運動をしようというのが難しいかもしれません。
でも仕事しながらとか通勤中などに歩くようにこころがけるとか。
家でストレッチを行うとか少しの時間でも体を動かすようにこころがけましょう。
ストレスの解消にもなるかもしれませんよ。

運動不足はホルモンバランスを乱して皮脂過剰の原因になるだけでなく、体全体のリズムを崩して抵抗力の低下につながります。
忙しくて運動するなんていう時間がとれなくても、朝晩のストレッチを習慣づけてはいかがでしょう。
運動不足の解消でにきびのないきれいなお肌をめざしましょう

にきびの原因

ストレスがにきびの原因

にきびの原因はストレスというのもあるんです。
ストレスをためすぎるとにきびができてしまうんですよ。

ストレスが原因で食事を食べなかったり、
逆にものすごく食べるようになったり。
偏った食事をしたりと、
ストレスを感じることによって食生活が変化したりしませんか。
そのような食生活はにきびやお肌にいい影響を与えません。
そういうものもにきびやお肌に関係してきます。

またストレスがあると人間の体は知らない間にも緊張状態になります。
そのような状態になると血の巡りが悪くなります。
血流が悪くなると、血流活性効果のあるDHTという
強力な男性ホルモンを多く分泌します。
このDHTという男性ホルモンが肌荒れや
ニキビの原因になるのです。

にきびを作らないためにもストレスを軽減するように心がけましょう

にきびの原因

にきびのできやすい生活

にきびができてしまった。
にきびの原因の一つにはにきびのできやすい生活をしている。
こういうのもあげられます。
不規則な生活などがにきびの原因になってしまいますよ。
にきびができやすい生活をしていませんか?
にきびのできやすい生活のさまざまな原因は
●仕事や人間関係によるストレス
 ストレスというのはにきびだけでなくお肌や体にも悪いです。
 ストレスが原因で食生活が乱れることもありますね。 
●寝不足 
 忙しい毎日をすごしているとついつい寝不足になってしまいます。
 寝不足はお肌の敵。気をつけましょう
●運動不足
 普段、なかなか体を動かせないことってありますよね。
 いつもの生活の中で体を動かすことをこころがけましょう。
 家事でもいいですし、買物は歩いていくとか・・・
●便秘 
 便秘は新陳代謝が悪くなります。便秘ってしんどいですがならない ように食物繊維などたくさんとりましょう
●紫外線の浴びすぎ 
 紫外線は夏だけではないですよ。春から強くなってきます。
 気をつけましょう
●体質の変化 
●スキンケアの間違い
●免疫力が低下する

にきびの原因

にきびはなぜできる?

ニキビとは皮膚の炎症性の病気でアクネともいわれています。
にきびは毛穴の出口が硬くなって、中に脂(あぶら)のかすがたまってできるブツブツ(面ぽう)がもとになって生じます。
医学的に最も一般的なにきびは、「尋常性痤瘡(ざそう)」として知られてます。
それではどうしてにきびができるのか?
にきびは、皮脂が多く分泌される部位にできやすいです。
人の皮膚の毛穴には、アクネ桿菌という菌が存在していて、
これが関係してホルモンバランスが崩れたりすることにより
皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まってしまいまいます。
にきびは、皮脂を分泌する毛穴が詰まるところから始まるといわれています。

この細菌アクネ桿菌は皮脂を好むため、詰まった毛穴の中で
「アクネ桿菌」がドンドン増殖していき、炎症を引き起こす働きをします。
これによって皮膚が、炎症・化膿してしまい、
にきび(ニキビ)になります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。