にきびの種類

黄にきびの症状

黄にきび(化膿にきび)とは、赤ニキビが進行して、
ニキビ桿菌アクネ菌やフドウ球菌などか増殖して膿みがでて、
炎症が進行すると毛穴周りの組織が真皮までダメージ受けて
くぼみが残ったり肉がもりあがったりする状態。
毛包部分の炎症が悪化し、細菌が繁殖して膿を持った状態を言います。
このようなにきびの重症を黄にきび「化膿にきび」と言います。
にきびの中で一番重症度の高いのが、黄(化膿)にきび
といえるでしょう。

黄にきび(化膿にきび)は、痛くて痒く、にきび自体が治っても、
色素が沈着して、肌表面のでこぼこや色素沈着による
にきび跡が残ってしまう事も多くあります。
黄にきびは、赤ニキビの炎症が強くなって、膿を持った状態です。
赤にきびを通り越して黄にきびまでなってしまったら、
スキンケアでは治りにくいでしょう。さらに重症になると、
黄にきびが膨らんで破裂し、痛みを伴います。
化膿が進んで膿が出ていくことにより自然治癒する場合もありますが、大人にきびの重症段階である黄にきびは、治癒してもにきび跡
(色素沈着や凸凹)が残ることがあり、非常にやっかいなにきびです。 
黄にきびの症状をほっておき、悪化させると、肌の表面が
でこぼこになり、結果、にきび跡を残してしまうことにも
なりかねません。にきび跡がケロイド状になっていたり、
クレーター状態に残ってしまわないうちに、治療するようにしましょう                   
皮膚科で受診することをおすすめします。黄にきびの治療は抗生物質などで治療されることが多いようです。また、やはりスキンケアをしっかりとし、食生活や不規則な生活を正して黄にきびができないようにしましょう。

にきびの種類

赤にきび原因と対処方法

赤にきびは、白にきびや黒にきびがさらに進んだ状態の
にきびのことをいいます。毛穴の開いた黒にきびなどに、
アクネ菌などのバイ菌が侵入して増殖しさらに悪化します。
炎症を起こして毛穴が赤くふくらみ、触ると痛い時もあります。
赤ニキビは皮膚に赤い発疹がポツポツとできるので赤ニキビ
といいます。

赤ニキビは皮脂の過剰分泌により毛穴が詰まり、皮膚に
常在する菌であるアクネ菌が増殖しアクネ桿菌が皮脂を分解する
過程で作られる遊離脂肪酸が炎症を引き起こす事でできると
言われています。バイ菌が皮脂をエサにして増殖するので、
赤く大きく腫れひどくなります。

つまり赤にきびの原因となるアクネ菌が、毛穴がふさがることで
活性化を促し、増殖します。これによりアクネ桿菌が炎症を
起こす物質を作り出して毛包に炎症が起こり、
赤く腫れ上がってしまいます。この状態を赤にきびと言います。
これが進むと広がった毛穴の壁が破れて炎症が大きくなって
重症になってしまいます。

赤にきびは野外で紫外線にあたり、皮脂が酸化することで
外的刺激により炎症が引き起こされ赤ニキビができることも
あります。
赤にきびは毛穴の中に溜まった皮脂とアクネ菌が毛穴の壁を
壊すほど膨らむと、多くの場合ニキビ跡になってしまいますので
赤にきびの早めのケアが肝心です 。

ニキビ跡にならないためにも、小さな赤い丘疹状態の時期に
対処するのが第一です。赤にきびの進行とともに、
肌の抵抗力が低下し悪化するので、赤にきびには早めの対処が
重要です。

にきびの種類

白にきび

白にきびはにきびの中でも初期段階の状態です。いうならば
にきびの赤ちゃんですね。
白にきびは古い角質が蓄積され毛穴をふさいでいて、
皮脂がたまって盛り上がり、表皮から白く見える状態です。
先ほども言ったとおり、初期段階のニキビなので比較的治りやすい
のが特徴です。白にきびは毛穴が小さく、
皮脂の排泄機能がスムーズに行われないと、
ちょっとした角質の汚れでふさがってしまいます。
まだ炎症を起こしていませんので、治った後、ニキビ跡も、
殆ど残りません。

白にきびは毛穴がふさがり、古くなった皮脂が表皮の下にたまって
いき、面皰(コメド)と呼ばれる「にきび予備軍」が表れます。
たまった皮脂が表皮から盛り上がり白くポツポツと膨らんだ状態に
なりますこれを「白にきび」と言います。また、皮脂がスムーズに
排泄されず、わずかに皮膚がもり上がり、毛穴にできたものが白く
見える状態のことを言います。毛穴のところにプクッとできていて
白く見えるものです。プチッとつぶすと白いものがでてくるものも
ありますが、毛穴のところが盛り上がっているところが閉じていて、
こもったタイプのものもあります。白ニキビの原因のひとつはファンデーションを厚塗りしたり、コンシーラーを使っている人や、顔を洗わずに寝てしまうなどで、皮膚表面をつまらせてしまうのも白にきびの原因になります。白にきびは、放っておくとどんどん悪化し、毛穴の開きや赤にきびの原因になります。のでまずは洗顔方法から見直してみましょう

にきびの種類

黒にきび

黒にきびは鼻によくあります。鼻の頭がポツポツと
イチゴのようになっている人、たまに見かけますよね。
白にきびが、さらに進んだ段階が黒にきびです。
黒にきびは開放面皰とも言われ、白にきびの皮脂が空気に触れて、
ホコリや酸化物が付着するために黒くなります。
毛穴が角質層のアカなどで詰まり、皮脂と角質の混合物が酸化し、
毛穴が開き角栓の先端がポツポツと黒く見える状態が黒にきびです。

このように黒にきびは皮脂が毛穴を押し上げ、
空気中の酸素と結びつき酸化して黒ずみを起こし、
毛穴が開いてコメドの先端が黒くなった状態の事を言います。
コメドとはにきびの中心にあるゴマ粒のような物の事で
毛を中心にして肌の角質と参加した皮脂が固まって出来たものです。
黒ニキビとは、古い角質や皮脂などが酸化したものです。黒ニキビは、毛穴が開いていて、中の詰まっているものが外部からみえるのが特徴です。

黒ニキビは鼻によくできます。これは、鼻からの皮脂の分泌が
多いためです。最初は、皮脂や古い角質が詰まって白にきびが発生します。時間の経過と共に毛穴が開き、皮脂が酸化したりして、黒くなります。 白にきびと黒にきびの段階であれば、丁寧な洗顔を行うことにより回復は可能です。

黒にきびは無理に取るとニキビ跡になったり雑菌により化膿してしまうので、気になる時は皮膚科の先生に相談し圧出して貰いましょう。

にきびの種類

にきびの種類

にきびにも種類があります。にきびは症状などによって大きく分けて3種類あり、白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビに別れます。
赤ニキビとは、毛穴に詰まった皮脂などをアクネ菌が分解することでできる活性酸素などにより皮膚が炎症を起こし化膿したりした状態のことをいいます。白ニキビとは、毛穴に詰まった皮脂や汚れが白く見えている状態のことです。
黒ニキビとは、毛穴に詰まった皮脂などが酸化し黒くなって毛穴をふさいでいる状態のことです。
にきびの種類は様々な症状に分類されます。

にきびの種類が異なっても、思春期のにきびであれば、時期が過ぎ、ホルモンのバランスなどが整えばほとんどの人が自然に治ります。
ですが生まれついての敏感肌質な人は、長期間治らないでにきびに悩む方もいます。
敏感肌質の方は、体のどの皮膚の部分でも炎症や化膿を繰り返したり、にきびができやすいことがあり、キチンとケアしないとクレーターやしこり、ケロイドになってしまうこともあります。

にきびの種類はは症状によっていろいろで、
同じニキビでも種類によってはケア方法が違ったり、
治った後にニキビ跡になりやすかったりします。
各症状、にきびの種類ごとに特徴があり、治りやすいもの
などもありますので各にきびの種類にあった対処方法をとりましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。